日常シュレッダー

吉井和哉ファンの専業主婦の日記ブログ。

厄神さんとLOVE&PEACE

2月26日 西宮門戸厄神に行く。
 毎年恒例みたいになってるこのお参り。
 あれは…いつからかなぁ
 厄年の時にお札をもらって
 次の年に お礼のお参りをしてから
 やめられなくなってしまって…
 なんだか その年に行かないと不吉な事がおこりそうで
 お参りして平穏を願う→翌年何事もなく過ごせたお礼参りをする
 このサイクルで ぐるぐる∞きちゃっています(笑)
 今年は不吉な事が起こりそうな?気もするので
 念入りにお参りしておきました…

 この日も風は少し冷たいものの
 まぁまぁの暖かさで 
 しかも参道の出店もお休み(出店もお楽しみのひとつだったのに~)
 そのせいかどうか いつもより人は少なめ
 ゆっくりお参りできました。
 あ~ でも 出店がないのはやっぱりちょっと残念~(いや、かなり残念かも…?笑)
 たこ焼きとかほかほかの厄除け饅頭とか
 食べたいものが山積みだったのになぁ~

 門戸厄神 東光寺 
 SH3J01370001.jpg
                          SH3J01380001.jpg


 そして翌日は 隣町まで映画「太平洋の奇跡」を夫婦割で(笑)
    太平洋の奇跡 
 SH3J01390001.jpg
 主演は 竹野内 豊
 太平洋戦争末期 サイパン島 日本軍玉砕
 その日から 512日もの間山にこもって
 戦い続け アメリカ軍から「フォックス」と呼ばれ 畏れられた一人の日本兵 「大場 栄大尉」のお話。

 竹野内 豊は 昔はあんまり好きじゃなかったのですが
 最近では ちょっと気になるんです…
 あの 柔らかい声もいいなぁなんて。
 
 映画は まぁまぁよかったです。
 特に 脇役の方々が光ってました。
 唐沢寿明サンは 強烈でしたし
 井上真央 中島朋子 安部サダヲさん達もそれぞれ個性的でした。
 ちょっと残念なのは 主役の大場大尉の竹野内 豊をもっとじっくり追って欲しかったなぁ…なんて。
 アメリカ軍の様子も織り交ぜながらなので
 ちょっと 大場大尉がアメリカ軍を翻弄し
 フォックスと呼ばれたゆえんとか
 その不屈の戦いぶりと誇り高き魂が
 アメリカの将校ルイス大尉を感動させ畏敬の念を抱かせたとか言うあたりが
 弱いような気もして…

 命を落としていく多くの日本兵 民間人 アメリカ兵
 その一方で 日本とアメリカによって救われ育っていく小さな命。
 収容所の病院で アメリカのナースが日本の赤ちゃんを抱いてる姿は
 はっとするほど清らかで きれいだなとも思いました

 映画を観ていたら 吉井さんの「LOVE&PEACE」の一節
 途絶えることのない 新しい命 殺し合っても無駄なことさ
 が 流れてきて。

 テレビをつけても どこかで争い
 やっぱり 争いって終わることはないのかな。
 
 プリーズ もうこれ以上 悪い出来事が
 君と僕だけでなく 全ての人に起こりませんように
 などと いつになく思ってしまった一日でした。
スポンサーサイト
プロフィール

みけ

Author:みけ
 なんだかんだありました。
 それでも 
 吉井和哉が常備薬?…
 
 主婦してます…
 どうぞ よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム