日常シュレッダー

吉井和哉ファンの専業主婦の日記ブログ。

映画「LIFE!」と桜咲く!

3月最終の日曜日は 午前中は雨
途中強く降ったりのあいにくの幕開け。
それでも なんとかお昼頃からは 雨も止み
予定してた映画「LIFE!」を観に隣町へ…

電車で一駅ながら 車で行こうと言う事になり
マンションのすぐ近くにある駐車場へ…
その道沿いにちっちゃな川みたいな用水路みたいな(笑)ものがあり
時に 水をきれいにするために市が放した鯉がいたり 
誰かが捨てたのかちょこっと大きなカメが目撃されたりしたことがあったのですが
( ゚д゚) この日は 何と目を疑うものが…
2014桜雨1

なぜか鴨が2羽 ぷかぷかと…
以前 ダンナがここでアヒルが浮かんでるのを見たっ!と話した事があり
その時は まさか~(笑)見間違えたんじゃないのぉと大笑いしたけど
あながち 間違いじゃなかったのかも…と(^^ゞ
どこから来たのか…
この水路は遠くどこか公園の池にでも通じてるんだろうか?

そんなまさかの鴨目撃のあと 不思議だね~なんて呑気に話しながら
車を走らせる
しかし もうすぐシネコンのあるショッピングセンターという所で
道が大渋滞…(||゚Д゚)
駐車場も満車というプラカードも出てて
近隣の駐車場を探すも どの道もぱんぱんで動きがとれない
春休みだから? それとも消費税値上げ前のせい?!
(●>ω<●)どうする?どうする?と考えるうちにも
映画の時間は刻々と迫ってきて
仕方がないので 自宅の最寄り駅まで戻り
駅前の駐車場に車を止め 結局電車で向かう羽目に…トホホホ
しかも時間は 上映時刻の15分前
映画の予告編なんかが最初にあるから少し過ぎてもギリギリ大丈夫か。
電車待ちの間 ホームからふと見ると
こないだ蕾だった桜が 雨上がりの曇天にきれいな花を一気に咲かせていて
これまたびっくり!
バタバタの中 思わずパシャッ
2014桜雨2

それから電車に乗り 駆け足でシネコンまで一直線!
予告編をまだやっていたので 本編には何とか間に合い ほっ

映画「LIFE!」
ライフ

あらすじは
創刊から休刊されるまで
世界で幅広く読まれたアメリカのグラフ誌「LIFE」の写真管理部で働く臆病で不器用な男が
人生変える波乱万丈の旅に出る姿を描くもの。

LIFE誌の写真管理者として毎日地下鉄に乗って通勤するウォルター・ミティは
歴史に名を残す人物の写真ばかり眺めて暮している。
会社と家との往復。 
そんな地味で変化のない日々を過ごす彼には空想癖があった。
それはむなしい現実から逃避する刺激に満ちた空想であり
彼の 唯一の楽しみに似たものにもなっていた。
そんなある日
LIFE誌の最終号の表紙を飾る大切な写真のネガがないことに気付いたウォルターは
カメラマンを探すため一大決心をして一歩を踏み出す…

真面目だが空想することだけが楽しみの冴えない中年ウォルター。
目を見張る刺激的な出来事は 彼の空想の中だけであり
その空想の中では 彼はヒーローであり
やれない事や 行けない場所なんかひとつもない。
この空想シーンが やたらすごい
これだけでも お値打ちです(笑)

最終号の表紙を飾るはずのネガが 送られてきたネガの中にない。
カメラマンを探して ネガの手がかりを聞かなきゃ…
そこから 空想顔負けの波乱万丈な旅が始まるのだけど
映画の前半で 現実生活の中急に彼の妄想の世界に連れて行かれてしまうので
最初は この旅が空想なのか現実なのか戸惑ってしまいます(笑)
むしろこの旅がすごすぎて こちらの方が非現実的な感じがしてしまうんですが(〃 ̄ω ̄〃ゞ

そして 旅が進むにつれ 冴えない中年だったはずのウォルターの顏が
少しずつ変化して…
こんないい顔してたっけなぁとか (´ω`*)

私も含めて ほとんどの人が
現実を変えたい 自分を変えたいと程度の差はあれ思った事があるはず。
そんな願いを 主人公のウォルターと一緒に体験できる映画でした。
そして 今いる自分の世界を変えるヒントをもらえる映画でもありました(´w`*)

自分の足で行き 自分の目で確かめる事
そんな些細な事が 違う世界に行くための扉を開ける鍵
踏み出す事 その最初の一歩はすごく重くて大変なのだけど
踏み出したあとは 駆け足で進んで行けるものなのだとも…

後半 ようやく出会えたカメラマンが
本当に美しいものは撮らない
この目でただ見ている…みたいな意味の事を言うのですが
その言葉も なぜか印象に残りました。


さわやかな後味のいい映画でしたが
ちょっと残念な事も…
あちこちで撮影されてるせいか エンディングロールがちょっと長くて
まだ最後まで終わってないのに お客さんが次々席を立ってしまった事。
そして 
ナイナイの岡村隆史さんが主人公ウォルター・ミティをされてる
日本語吹き替え番の方を観たのですが
ちょっとイメージが違って 馴染めなかった事(´・ω・`)
真面目で地味な主人公なのに一人関西弁。
他の方が 標準語なので浮いてしまってた感が。
これがお気楽能天気な主人公だったら
そんなに違和感なかったかもしれないけど…
そこが ちょっと気になってしまいました。

それでも 気分爽快感を味わいたいのならおススメしたい映画です


さて 今日は昨日とはうって変わって良い天気
駅の桜も昨日とは別の顏をしてたので
また パシャッとしちゃいました[(●>v<●)

駅の桜並木2014桜5

2014桜1


2014桜2

2014桜3

きれい~
自転車でひとり通りすがりお花見(笑)
次の日曜日くらいまで咲いてくれてるかなぁ…
スポンサーサイト
プロフィール

みけ

Author:みけ
 なんだかんだありました。
 それでも 
 吉井和哉が常備薬?…
 
 主婦してます…
 どうぞ よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム