日常シュレッダー

吉井和哉ファンの専業主婦の日記ブログ。

THE YELLOW MONKEY 終わることのない物語の始まり と映画「HK」

今日は待ちに待った「ROCKIN'ON JAPAN」の発売日~
お昼前 取り置きをお願いしてた近所の本屋さんから
入荷の電話があり
いそいそお迎えに行ってきましたo(●´ω`●)o~
1605ロキノン2

予告通り 表紙から素敵な笑顔
1605ロキノン1

中身も これまた予告通り素敵な写真がいっぱいです!!
1605ロキノン3
(>w<*)う~たまりませぬ~

ロングインタビューは 復活のいきさつ 理由 復活の意味
この3本の柱をまるっとお答え!
そして ツアー初日 あの記念すべき5月11日(水)
国立代々木競技場第一体育館の様子も含めて
読み応えたっぷり
レポもあって さらに感激でした
   ↓
1605ロキノン7


こんな写真も素敵だけど
1605ロキノン4
今はこんな写真が しっくりくるなぁ
   ↓
1605ロキノン6

今更ですが(^^ゞ
全く時を感じさせません。
そういえば イエローモンキーの曲は
振り向いたらあるのではなく
過去に留まらず
ずーっと自分と一緒に流れてきたような…
リアルタイムな自分にいつも寄り添うように
時間の流れの中に生きつつ
一緒に時を刻んできたかのようでした。
なので今4人が集まってる姿も
ごく自然に感じてしまいます(´ω`*)
今回のロングインタビュー。
活字ではありますが 4人の喜びが伝わってくる記事で
そこには 休止前の息苦しさはなく
動きだした時が 想いが
溢れだしてるのを感じました。
イエローモンキーは バンドなのかな。
読んでるうちに ひとつの生命体のようにも思えてきて
4人の間に 横たわっていた時は 
今溢れる音と輝きに姿を変えるかのようで…
ああ~早くライブに行きたいよ~(●>ω<●)

吉井さんの
「生涯イエローモンキーって心底思ったし
うん、もう解散させる気はない」
この言葉が 本当にうれしくて…

来年の予定はまだ決まってないとか…
でも 決まってないという事は…
なんでもありな訳で(笑) 
可能性は無限に広がっていく…
この写真からでもわかるように
   ↓
1605ロキノン5

まさに THE YELLOW MONKEY SUPER ですやん!!(●>v<●)
これから続いていく新しい物語が楽しみです
どんな形であれ
ずーっと 見届けていけるといいな…

素敵な写真が満載だったROCKIN'ON JAPAN7月号
私が一番気に入ったのは
雑誌のラストあたりの「場外乱闘」の
ちっちゃなこの写真でした(〃 ̄ω ̄〃ゞ
1605ロキノン9
(〃゚∇゚〃)



そして TYMS(THE YELLOW MONKEY SUPER )の次はHK !

28日土曜日は
今頃は イエローモンキー長野やなぁ…と思いながら
夕方から映画館に足を運んでました(笑)
今回観た映画はこれ!
  ↓
映画 HK
あんど慶周のコミック「究極!!変態仮面」を
実写映画化して話題をさらった「HK 変態仮面」の続編。
前作から引き続き監督は「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督
主人公・色丞狂介(変態仮面)に扮するのは
NHK朝のドラマ「花子とアン」でブレイクした鈴木亮平
ヒロイン・愛子役は 
同じくNHK朝ドラ「まれ」の一子ちゃん役だった清水富美加
敵役のムロツヨシや安田顕らメインキャストも続投。
新たに柳楽優弥、水崎綾女、新井浩文などが加わり
多彩な顔ぶれが揃った。

今回のあらすじをざ~っと
前回の「変態仮面」から時は流れ
狂介と愛子は 大学生に…
愛子のパンティを被って変態仮面となり、悪と戦う狂介。
しかし、狂介と愛子の思いは徐々にすれ違い、
愛子は狂介にパンティを返してもらうことに。
同級生の真琴正は
気付かぬうちに愛子を傷つける狂介を
憎しみの目で見つめていた。
愛子のパンティを失った中
世界中からパンティが消えるという事件が発生し
絶体絶命に陥る変態仮面の前に
最強の敵が出現する…というもの。

気になる観客の方は
若い男性ちょい多め。
でも女性二人連れとか。
カップルとか
私達みたいな熟年組もいて幅広い層。
皆さん 大笑いして楽しく観てました

前回の「HK 変態仮面」は 
ケーブルテレビの番組表で偶然見つけ
タイトルに惹かれて?(〃 ̄ω ̄〃ゞ録画。
観たら これがまた面白くて~
鈴木さんの肉体と演技にもびっくりでしたが(笑)
何といっても 悪役を演じた安田顕さんの演技がすごかった!!
onちゃんの頃(水曜どうでしょう)には 
想像もできなかったなぁ…
とにかく名演技で 変態役にもかかわらず
ダンナとふたり とても感動してしまったのでした
なので このまさかの続編に大興奮(≧∇≦)キャー
絶対映画館で観るぞ!!と意気揚々でした。
良かった~観れて(●>v<●)

そんな安田さん 今回は変態仙人の役で
ちょこっと出演。
短い時間にもかかわらず 濃~~い演技でした。
もっと観たかったよーー(〃>_<;〃)

鈴木さんの肉体と演技も健在!
デビルマンっぽかったり 特撮ものっぽかったり
スパイダーマンやヤッターマンみたいなパロディーもありで。
何より こうきたらこう!みたいなツボもバッチリ!の
こてこてのヒーローものなのだけど
そんなとこが妙に気持ちがいい(´ω`*)
出演してる役者さん達の演技が 
この映画をより面白く 質のいいものにしていると思いました。
ホント!面白いです 
こういうしょうもなさが好きな方…おススメです!!
次回 社会人編 作ってくれないかなぁ(●´ω`●)
スポンサーサイト
プロフィール

みけ

Author:みけ
 なんだかんだありました。
 それでも 
 吉井和哉が常備薬?…
 
 主婦してます…
 どうぞ よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム