日常シュレッダー

吉井和哉ファンの専業主婦の日記ブログ。

MASSIVEの吉井和哉

 Amazonさんで注文してた雑誌「MASSIVE」が ようやく届く。
 吉井さんが載るよ…と教えていただき
 近所の本屋さんにはないので 内容もチェツクしないままネット注文
 以前 吉井さんが表紙だった号→過去ブログ参考
 特集だったこともあり とっても素敵な写真が満載だったので
 もう 信用買いでした(笑)

 で、今回の記事は
 吉井和哉 今ここにある裸の想い
 写真も入れて14ページほど。
 写真は 去年の. HEARTS TOURのライブ写真が中心。
 カメラマンは有賀幹夫さん。
 聞き手は 増田勇一さん。
 
 写真チラッと。
 マッシブ3

                      ライブ写真はこんな感じ
                      マッシブ1


 マッシブ2
 
 この写真 よく見ると下の方に三浦さんが!
       ↓
 マッシブ4

 (* ̄ー ̄*) まるで心霊写真のように写りこんでました。

 内容は ベストアルバム18のお話から始まってます。
 増田 ベストアルバムはシングル集とも違うし 
    今 届けたいものとしてまとめていったという感じ?の問いに
 吉井 ですね…   この10年間というのは自分にとって試行錯誤の10年間だったので 
     しかもシングルが全部パンチの利いた曲ばかりかっていうと自分的にはそうでもなかったり

     ライヴで育った曲もありますし。
     そういう曲は初回盤のみでライヴヴァージョンを入れてみたりとか。
 あ~ それであの曲達が 並んでるんだ

 結果的には 言葉の強い楽曲が選ばれたような気がする と吉井さん。

 自分へのツッコミと最近では遠慮気味だけど(ここが なんかいいよね)
 社会とか世界へのツッコミが出てきたとか。

 吉井 10代の頃の僕はもう本当にやんちゃで いつも派手な格好して、おりゃーって感じで(笑)
    ムシャクシャするから 発散のためにライヴをやってたというか 
    もうなんか犯罪のような(笑)
   
    ただ やっぱりそこにひとりの人間としての生活とか生き方があって
    そこで 人間としての生き方と
    ロックミュージシャンの生き方とかが絡み合ってくるじゃないですか。

    僕の場合 30代半ばになって だいぶ自分のロックミュージシャンとしての目標とか
    夢とかを手にした後での挫折とかを味わいつつ そこからソロが始まってたりするんで
    やっぱり それを超えた後で 何を歌っていこうかと考えたとき
    「次のお姉ちゃんの歌」じゃないんですよね。

 そのあと イエローモンキーの解散の頃のお話に。
 後半 増田さんに「大陸感」を感じると言われ
 吉井  あははは! 大陸感ね、大陸感なんですよね 島国感じゃなくて(笑)
 と 大いにウケてる感じ
 
 増田  「血潮」はまさにそういう曲だし、
     「HEARTS」の歌詞にしても場面設定が始発電車じゃなくて始発バスだっていうところに
      アメリカ大陸を感じるんですよ。

 増田  何故バスなんだろう? 前回はそれこそ「バスツアー」なんて曲がありましたけど。

 う~ん バスかぁ。目のつけどころが違うなぁ

 吉井さんは モトリークルーの影響じゃないかと。
 「ホーム・スウィート・ホーム」とかのビデオの…とか笑って答えてました。
  
 それと 
 吉井 あとね、僕は18歳の時に家出してるんですけどその時も高速バス使ってるんですよ。
    それが バス感の根源にあるのかも、ついでに言えば釣るのもバスだし
    始めた楽器は ベースだったし(笑)

 (●>v<●) オイオイ~

 増田さんにあっさりかわされ 最後の締めの質問に(笑)

 最後の質問は かつての夢の多くがとうに叶ってしまっている吉井さんには
 今 何か夢ってあるんですか? というもの。

 吉井 今ですか? うーん…とにかく身体が健康的であることって結構重要かな、みたいな(笑)

 あと最後の方で気になる言葉が。
 
 吉井 あとはなんか…全てを手に入れる事はできないよなって思いますね。
     やっぱり何かを手放さなきゃ 何かを手に入れることはできない。
     それを手にしたいからこっちの手を放すっていうのは怖いことですけど
     実際に手放してみたら 怖いことではなかった、ということってあると思うんです。
     その一瞬は怖い怖いかもしれないけど 勇気を出して手を放してみると
     手放してもちゃんとそれが傍にあるってことに気付かされたりするから。
     手放しても 逃げてしまうわけじゃないというかね。
     だからそこは怯えなくていいと思うんです。

 うーん 何を手放して 何を手に入れたんだろう。
 それは 私が「HEARTS」や「血潮」を聴いて感じたものと同じものなんだろうか。
 思い込みをやめたら 自由になれた
 心が自由だと しなやかで折れない…だから強くなれる
 「bridge」で もう戻らないと言い切れたのは こんな理由があったからなのかな(´ω`*)
    
      
   
スポンサーサイト

COMMENT

●ありがとう

いつもながらレポお疲れ様&ありがとう(^O^☆♪

結局 ダンナが本屋寄る用事に付き合ったら目の前にあったので買ってしまったんだけど

まだ読んでないし 読むかどうか(笑)みけさんがまとめてくれたから もう満腹(^_−)−☆

●しんままさんへ

 こちらこそ 教えていただき
 コメントまで e-446
 ありがとうございますe-420

 しんままさんも 買っちゃったんですね(笑)
 そして 私は なんと今日「BARFOUT! 」も買ってしまいました(^^ゞ

 この雑誌 読み方っていうか発音がいまいち微妙で
 恐る恐る店員さんに「『ばぁふあうと』ありますか…」と聞いたら
 発音がまずかったらしく聞き返されてしまいましたv-398e-330
 

今晩わ♪
【MASSIVE】、買ってなかったので、とっても嬉しいレポです!

ありがとうございます(●^∀^●)

満喫しちゃいました!!!

吉井和哉Facebookで
「今回のツアーとにかく必見、そして泣けます!

そして断言しておきます。

次のツアー・・・・・・・しばらくありません」ってUPされてました。

もしそうだとしたら、今回3ヶ所も参戦できるのって、とっても幸せな事やなぁとしみじみ思いました(>_<)

私こそ高槻、楽しみにしています♪♪

●brillian-t さんへ

 拙い記事ですが
 喜んでいただけて よかったです絵文字:e-446]
 そして Facebook情報ありがとうございますe-420

 えー しばらくってどれくらいなんですかね…?
 今回 申し込んだ場所が全部とれると思ってなかったので
 1週間に3回もライブって どうなんだろ…
 疲れちゃうかなぁe-351と思ったりしてたんですが
 そんな事を聞いたら 
 もう俄然張り切って行くしかないe-281e-282!ですね (´ω`*)

 そして 高槻 今日発券してきました!
 ちょっと残念e-263の2階席でした(´・ω・`)
 でも brillian-t さん達にも またお会いできますし 
 やはり とても楽しみですe-266
  

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みけ

Author:みけ
 なんだかんだありました。
 それでも 
 吉井和哉が常備薬?…
 
 主婦してます…
 どうぞ よろしく。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
フリーエリア
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム